審査甘いクレジットカードYahoo!カード

EC系のクレジットカードの代表となるのが、楽天カードとYahoo!JAPANカードです。
ただ知名度や発行枚数を比べると、Yahoo!JAPANカードがやや劣っています。
楽天カードに負けるなと、PRを必死に行っている感じがあります。
楽天カードに対抗するには、審査が甘いクレジットカードにする必要があります。
審査が甘いクレジットカードでなければ、発行枚数を伸ばせないためです。
そのためYahoo!JAPANカードは、審査が甘いクレジットカードである可能性が高いでしょう。

Yahoo!JAPANカードは、18歳以上で安定収入があれば申込ができます。
学生、アルバイト、パート。専業主婦でもOKです。
また場合によっては、無職でも審査通過することがあるようです。
無職は安定収入がありませんので、発行できるクレジットカードは限られます。
無職でも発行されているとなると、Yahoo!JAPANカードは審査が甘いクレジットカードと言えます。

またYahoo!JAPANカードは、審査結果が非常に早く出るクレジットカードでもあります。
オンラインで申込をしたら、2分ほどで審査結果がでるほどです。
「ちゃんと審査をしているの?」と心配になるほど早いですね。
審査を行っていないということはないですが、これほど早いと精査をした審査ではないと思われます。
審査をじっくり行うクレジットカードに比べると、審査が甘いとなるでしょう。

ただ審査が甘いクレジットカードであっても、Yahoo!JAPANカードはクレヒスを重視するというウワサもあります。
クレヒスなしだと、審査通過は難しいのだそうです。
無職でも審査通過できたのは、きっと良いクレヒスが構築されていたのでしょう。
クレヒスがない人にとっては、審査が甘いと感じられないかもしれません。

Yahoo!JAPANカードは、100円に1ポイント付与となり還元率は1.0%です。
たまるポイントはTポイントでTカードの機能も持ち合わせています。
Tポイントを採用している企業は多いですので、Tカードの代わりとする使い方もされているようです。
年会費無料クレジットカードなので、そのような使い方をしても損をすることはありません。
またYahoo!ショッピングやロハコなどでは、ポイントがアップする特典もあります。
Yahoo!ショッピング、ロハコ、Yahoo!オークションなどのYahoo!サービスを使うなら、Yahoo!JAPANカードがあるとお得です。