e4ee318790ec85ed7783903085b80621_m

審査が甘いクレジットカードに落ちる原因

審査が甘いクレジットカードでも、審査落ちしてしまう人もいます。
審査が甘いとはいっても、審査がないわけではありません。
審査落ちをする人もいるわけですから、おかしいことではないでしょう。

審査が甘いクレジットカードでも、審査落ちしてしまう原因があります。
延滞や滞納を起こしていて、審査通過できるクレジットカードはほとんどありません。
審査が甘いと言われえいるクレジットカードでも、審査通過は難しくなるでしょう。
延滞や滞納は、それほど重要なことなのです。

延滞や滞納は2か月以上になると、個人信用情報に記録が残ってしまいます。
この記録は最長5年残ることになり、その間はブラック扱いとなります。
審査が甘いクレジットカードに申込みをしても、発行できる確率は非常に低くなります。

クレジットカードの支払日を過ぎても入金がないと、クレジットカード会社から督促があります。
この時点ですぐに支払いをすればセーフです。
引き落とし口座に入金を忘れていたなど、うっかり支払いを過ぎてしまうくらいならブラックにはなりません。
督促があったら、速やかに支払いを行ってください。
もし2か月、3か月と支払いが行われないと、確実にブラックになると覚悟しておきましょう。

督促があっても支払えないとなると、クレジットカード会社からの連絡を避けてしまう人が多いです。
しかしこれは逆効果ですのでやめましょう。
たとえ支払えなくても、逃げずに対応をすることが大切です。
誠実に対応をしていれば、クレジットカード会社からの信用を大きく落とさずに済む可能性もあります。

またクレジットカードに申込みをしすぎるのも、審査が甘いクレジットカードでも審査落ちする原因になります。
同時期に2枚、3枚とクレジットカードを申込むと、多重申込=申込ブラックとなってしまいます。
クレジットカードを何枚も必要だなんて不自然というとになり、警戒されてしまうため審査に落ちやすくなります。
別のクレジットカード会社であれば、申込みしたことはわからないだろうと考える人もいます。
しかし申込をすると、個人信用情報機関に記録が残ります。
どのクレジットカード会社でも、他社の申込状況がわかるようになっているのです。
1枚で申込みをしていたら審査通過していたのに、複数に申し込んでしまったために審査落ちしたとなると非常にもったいないです。
審査が甘いクレジットカードの中から1枚に絞って、審査通過を狙うようにしましょう。