審査が甘いクレジットカードの特徴

クレジットカードに申込みをするときに、審査基準を優先するのは良いことです。
審査落ちしてしまうとクレジットカードは発行されません。
審査に通過しないと、いつまでもクレジットカードを使えないことになってしまます。
自分にとって審査が甘いクレジットカードを選び、申込みをするようにしましょう。

ただ審査が甘いクレジットカードがどれなのかわからない!という問題が出てきます。
クレジットカード会社のサイト見ても、審査が甘いか厳しいかの判断を付けるのは難しいです。
どのようなクレジットカードが審査が甘いのでしょうか。

審査に通りやすい(甘い?)クレジットカードを徹底調査 | クレジットカードの達人」や、クレジットカードに詳しい人や、審査に携わった経験のある人、実際に申込みを行った人などの意見により、審査が甘いクレジットカードの特徴をまとめてみました。

・年会費無料クレジットカード
年会費無料だと誰でも気軽に申込をすることができます。
そのため発行枚数を伸ばしたいクレジットカードであると考えられます。
審査を甘くして会員数を伸ばしていると言えます。

・消費者金融系クレジットカード
消費者金融独自の審査方式をとっており、他社よりも審査の甘いクレジットカードとなっています。
クレヒスがない人でも、発行しやすいです。
消費者金融系に落ちてしまったらもう後はないと言われており、クレジットカードの最後の砦のような位置付けがされています。

・キャンペーンを行っている
キャンペーンを行う理由は、顧客を獲得したいためです。
厳しい審査を行っていては、せかくキャンペーンで申込数が増えても会員となれる数は限られてしまいます。
審査の甘いクレジットカードにして、顧客数を増やしているのです。
大々的に広告をしているクレジットカードも、審査が甘い傾向にあります。

・流通系クレジットカード
流通系がクレジットカードを発行する一番の目的は、クレジット利用による利益ではありません。
店舗などの顧客を増やすためです。
クレジットカードに店舗でお得になる特典をつけ、店舗の売り上げを図ろうとしています。
ということはクレジットカードが発行されないと顧客獲得につながりませんから、審査が甘いクレジットカードにして誰にでも発行しやすくしています。

リボ払い専用クレジットカード
リボ払いは手数料によりクレジットカード会社の利益が大きくなります。
多くの人に使って欲しいため、審査が甘いクレジットカードにしています。
また利益が多ければ貸し倒れリスクが少なくなりますので、審査が甘いクレジットカードにしやすいようです。

以上が俗に言われいる、審査が甘いクレジットカードの代表的な特徴です。